おすすめ通信講座・スクールランキング(最新版)

第1位 フォーサイト
【教材自慢の通信教育トップ企業!】
CD・DVD教材のクオリティーの高さは業界No.1でしょう。
その具体的な理由はこれまで繰り返し述べてきた通りです。
通信講座のリーディングカンパニーと言われているのが納得できます。
しかし同社にそれができるのは結局、基本テキストがしっかり作られているからでしょう。
フォーサイトの教材は、スクールでも採用しているところが少ない4色フルカラーで、執筆・デザイン・印刷まで全て自社で行っています。
行政書士の講師が専任で基本テキストの編集を担当しています。
フォーサイトのCD・DVDの内容が優れているのはそのベースがあるからです。行政書士試験の法令の難解な個所をかみくだいて理解しやすいテキストになっている。
その上で、テキストでは出せない臨場感や、記憶促進の助けをCD・DVD教材が担っているというわけです。
           通信企業のパイオニア、フォーサイトはこちら→http://www.foresight.jp/gyosei/

 

第2位 資格の大原
【専任講師体制で受講生をパーフェクトにフォロー】
「わかりやすい講義」で定評ある大原。
大原の魅力は、一人ひとりにきめ細かい受験指導ができる
「専任講師体制」にありそうです。
学習をスムーズに進めていくには、
疑問点をすぐに解消できることも重要でしょう。
専任講師体制の整う大原では、一人の講師が全科目に対応しているようです。また、学習上の質問はもちろん、どの期間にどの科目を学習すべきか、仕事や学校生活との両立に関する悩みなどなど、
合格までの受験生活を完全サポートしてくれることも心強いです。
教材は、全講座大原の専任講師が本試験を分析して開発しており、
この教材も優れモノです。
学校に余裕時間を十分に確保できる方、
お金に余裕のある方には大原もお薦めです。

    安心の通学教育、資格の大原はこちら→http://www.o-hara.ac.jp/

 

第3位 ユーキャン
【受講生のフォロー体制が充実!】
『学ぶよろこびをあなたに』というモットーにしているのがユーキャンです。みなさんもテレビコマーシャルはよく見かけるでしょう。
ユーキャンの通信講座で学べる講座は、趣味から資格まで100講座以上もあります。資格取得に広くノウハウを持っている企業ですので、きっと行政書士の試験にも高い合格ノウハウを持っているでしょう。
ユーキャンも、受講生のフォロー体制が充実していると聞いています。
ただ行政書士の教材に関しては、CD・DVDのメディアがほとんど付いていないのが残念な気がします。
基本テキストなど教科書の内容に自信があるのかもしれませんね。
全国的にメジャーな講座ですので、ぜひ検討してみてください。
CMでお馴染みのユーキャンはこちら→http://www.u-can.co.jp/index.html